FC2ブログ
#札幌 #女性向け風俗 #女性専用 #性感マッサージ #無料
個別記事の管理2019-07-23 (Tue)


なんとなく、PCにむかって、

こころに浮かんだいろんなことを、

とりとめもなく、書き綴ってみようかと。。笑



とりあえず、、

ひっそりと、このブログ書いていたんですけど、

なんか、どこかのサイトに見つかってしまって、

どなたかが、紹介してくれたからなのか・・・


先週から、アクセス数がめっちゃあがって、

ちょっとびっくりしています。



で、、ご質問のメールとかもいただきまして・・・

わたくし、札幌でこんな活動していますけど、

全国的に、遠い場所からメッセージいただいて、、

もちろん、お会いすることなんてないんですけど、

よくわかりませんけど、頑張ってください。。みたいな。。

ありがたいお話です。



で、今日は、吉田さんの徒然的な出だしにしちゃいましたけど、

そもそも、私がなんでこんなことをしているのか・・・

みたいなことを、ちょっとだけ書いてみようかなって。。



わたくし、、現在、、性感マッサージを無料でやるという、

一見にして、怪しすぎることをやっていますが、

そもそものお話しとしては、女性の性の悩みに真摯に向き合って、

私のいままでの経験をお伝えして、何かお役に立てることはないかな・・・ってことで、

この活動をさせていただいてます。


いやいや、無料でマッサージとか、、怪しすぎるでしょ。。って、

普通は思いますよね。

こんなことを綴っている、私自身、女性の立場なら、間違いなくそう思いますし、

ブログの記事は、気になる内容があれば、見るかもしれませんけど、

まさか、本当に連絡して、会ってみようとか、受けてみようなんて、

思うはずがない・・・って思っていました。


でも、、実際には、、本気で悩んでいて、、または寂しい思いをしていて、

いまの現状から抜け出したい・・・って思っている方も、

結構な人数いらっしゃって、

意を決して、、お申込みいただく方もいらっしゃるわけでして。。


皆さんのお役に立てているかは、別ですけど、、

少なからず、なんらなのきっかけになりたいなって思っています。



で、、なんでこんな活動をしているかというお話になりますけども、、

わたくし、、そうですね、、10数年前に、、

札幌で、女性向けの性感マッサージ店に雇われていました。


自分でやっていたわけではなく、

そこにはオーナーがいて、、そのオーナーに雇われる形で、

この業種に飛び込みました。


そのお店、、もう今はありませんけど、インターネットもまだ普及してそこそこで、

ここまで、なんでも情報が集まる時代ではありませんでしたが、

かなりクローズな感じで、はじめはオーナーの知り合いに、

その手のサービスを提供する・・・っていう感じでした。


あ、、そのオーナーは女性の方で、年齢も上の方で、

美容とかエステとか健康食品とか、

結構幅広く、やられていらっしゃる社長さんで、、

札幌にご縁のある方で、東京だと目立つから、札幌で・・・ってことで、

やられてました。


雇われていた施術者は、わたしともう一人の2名体制で、

基本的に、どちらかがついたお客さんに、もう一人がつくことはないっていう、

永久指名制みたいな感じでしたけど、、

あと、細かいルールはいろいろありましたが、

20代の若かりし頃に、女性に対してこういうサービスを提供するっていう、

そんな仕事に驚きましたし、すごくいろんな世界を見せていただきました。


このオーナーとの出会いは、、

ちょっと、ここには書けませんけど、、

まあいろいろとありまして、、良かったら、私の元で働いてみない?ってことで、

ある意味、スカウトされた感じがありましたが、

興味があったのと、マッサージはするのもされるのも好きだったので、

そのオファーを受けちゃいました。笑


仕事という名目で、バリとマレーシアに1カ月ほど行かしてもらって、

いろんな種類のマッサージを受けさせてもらったり、

短期間のマッサージプログラムも受けさせてもらったり、

そういうことも、経験させていただいて・・・。。

・・・いまは、あんまり生かされていませんけど、。



で、はじめのうちは、この社長さんのお友達や知人の方に、

マッサージさせてもらうってことで、

週に2回くらい、お声かかる感じだったんですけど、

それが、あれよあれよ・・・って感じで、

ほぼ毎日、、しかも、札幌だけじゃなくって、北海道内の地方都市にも、行かされるようになって、、


なんていうのか、わかりませんけど、

こういうのって、ニーズがあるんだな・・・って。。

というよりも、お金持ちの道楽ってすごいな・・・って思ってました。


このオーナーとの契約は、

はじめのうちは、1回いくら・・・だったのが、

もう、早々に、ニーズがあるって、オーナーは察知したので、

歩合じゃなく、固定にしようってことになって、、

あと、「あんたたちも、社会的な見た目もあるだろうから、うちの本体の会社の従業員にしておくから、

ちゃんと社会保険とかもかけておいてあげる・・・」って。。

そのころは、その重要性も理解できていませんでしたが、

オーナーがやってる会社の一従業員として、雇っていただける感じで、、

いつのまにか、そんな待遇になってました。


また、オーナーから、この人のマッサージ行ってきて。。

って、感じで指示が出たら行くって感じだったので、

自分でお客様を取る・・・って感覚はなかったですし、

リピートしてもらえるように、頑張る必要もなく、、

本数を稼がないと、生活できないってことはなく、

その年齢にしてみたら、十二分なお給料をいただいていて、

よくわかりませんけど、ちゃんと年に2回、ボーナスも〇カ月分っていう計算で、いただいて、

ホントにサラリーマンみたいな感じで雇っていただいていて、

ありがたい感じでした。。



はじめのうちは、

オーナーの知り合いばかりだったので、

結構、お金をお持ちになられているであろう・・・女性ばかりだったんですけど、

あるときを境に、一般的な方が来るようになって、、

よくわかりませんでしたが、いつのまにかHPができあがっていて、

そこから、申し込みできるようになっていて、

そこでは、お金をいただいて、性感サービスをする流れになってました。


とは言え、そのときのオーナーは、利益を求めるためにではなく、

世の中の女性が、どれだけ弱い立場で、、そういうことに悩んでいるのか・・・

それを常に言われていて、どんなときにも、女性ファーストで、

そのお客様の思いをしっかりと受け止めるように指導を受けてきましたし、

いろんなご相談や悩みをお受けしてきました。


常に、その方にとって、都合の良い相手になることを求められていましたし、

逆に距離感を間違って、お客様がつらい思いをしないように・・・っていう、

そういう配慮も徹底するように言われていました。


そうこうして、あっという間に月日が過ぎていくと、、

東京にも出てくるように言われ、、

月に2回から3回は、東京でこのサービスをするようになって、

移動も、結構つらかったんですけど、

ノルマもなく、しっかりとしたお金もいただけていたので、

続けていたんですけど・・・


あるとき、、二人しかいなかった、もう一人の施術者が、急に行方不明になって・・・笑

というのも、いろんなことに疲れて、

自分探しの旅に出る・・・とか言い出して、

いなくなったわけです。


その担当したお客様には、その店のルールがあったので、

私が行くことはなかったんですけど、

新規のお客さんが、全部わたしになって、、

私としては、基本的に1日に1名だけ、、どうしてもって時には2名。って決めていたんですが、

そんな感じでは無理で、基本2名、、多い時には3名・・・っていう、、


それが、いちばん大変で、、

やはり、根底にある、、女性に寄り添う・・・ってことが、できずに、、

ただ、回数をこなす、、お客さんを捌くっていう感じになってしまって。。



えっと、、そのとき、お客様から頂いていたお金と、

わたしへのサラリーを考えたら、どう考えても割にあっていなくて、

たぶん、オーナーは赤字でも、まったく関係なくって、ある意味・・社会貢献的な意味合いでやっていたと思うので、

わたしは、そこで無理に数をこなすっていうことは思っていなかったんですけど、

オーナーとしては、一人でも多くの、悩める女性のために、力を尽くしなさい・・・っていう、

気持ちで、仕事を入れてくれていたと思うんですけど・・・。。



とうとう、、私自身、、その状況に耐えられなくなって、、

正直、しんどくなってきたんで、やめさせて欲しい・・・って、、

オーナーに言いました。



そしたら、、少し休もうか・・・ってことで、

無期限の休暇をいただいて、、

もう一人の行方不明になった相棒と一緒ですが、

お休みさせていただきました。


お休みなのに、、ちゃんと毎月、お金はいただける・・・っていう、

ホントに、今考えたら、甘やかされていたんですけど、、

放浪にださせてもらって・・・


半年以上、仕事は休ませていただきました。


で、なかなか、仕事に戻る気持ちになれなかったときに、

オーナーから、、仕事の内容を変えて、リフレッシュしたらどう?ってことで、

東京にある、会社の本部に引き取ってもらって、、

マーケティングと新規商品開発、あとちょっとだけ人事と新人教育の部署に入れられて・・・。。


なんか、適当な部署かと思いきや、、本気のバリバリの部署で、、

いきなり入れられて、いきなり最前線のプロジェクトチームに入れられるという、、

ホントに、このオーナーの指示じゃなければ、絶対に断っているんですけど、

恩義もあったので、そこの部署に入って、仕事をしていたんです。



でも、、やっぱり、、このオーナーの元にいると、、

「ねぇ、来週の金曜日、空いてる?久々に〇〇が東京に来るから、ちょっと行ってあげてくれない?」

っていう、その・・夜のサービスから、離れられなくて。。

まぁ、オーナーの気持ちや立場もわからなくもないので、

お受けしていたんですけど、、やはり、月に2回・3回って言う感じで、、

それが出てきて、、。。


本当に良くしていただいたんですけども、、

このオーナーの元にいたら、、絶対にこの呪縛から逃れられないな・・・・って。


なので、、きっぱりと、このオーナーから旅立つ決意をして、

また、この夜の世界から足を洗おうと思って、、

札幌に戻ってきました。。


・・・10年。。思い起こせば、、このオーナーに出会って、そんなに長い年月が経ちました。


札幌に戻ってきた際には、、

もちろん、働く場所の当てはあったので、、

もう、夜のことは一切考えなくてもよい、お仕事につきました。



札幌に戻るきっかけも、、

実は、お客様だったかたのご縁で、、いまの仕事についているんですが、

夜の方は引退するってことを決めたうえで、

引き取ってもらえたんですけど、。



ってことで、札幌に戻ってきて、3年が経ち、、

夜の仕事から、引退した身ではあったんですけども・・・

なんていいますかね。。


女性の方々の、悩める状況は、、

いまも昔も変わりなく、、いまだに世の女性は悩めるわけでして。。

で、札幌も状況はかなり変わって、、

女性向けのサービス店も、いつの間にか増えて来てるんですけど、、、

私がいままで経験してきたものとは、まったく別のサービスで、

やはり、1時間いくら。。とか、出張費がいくら・・・とか、

次回は何円引きとか。。


そんな感じでは、女性は満たされないわけで、、

男性のそういうサービスは、抜けばいい、、ので、1抜きいくら。。で成り立つんですけど、

女性の場合は、まったくそんなんじゃダメなわけで、、

ってことで、、なんとなく・・・

「そんなんじゃだめだ!」って気持ちが強くなっちゃったんで、


この、無料のサービスをやろうと思いました。



なんていうんでしょうかね。。

別に、これで生活を立てようって思っているわけじゃなく、

いまの会社のサラリーで、十分、いや十二分に、生活が安定しています。


なので、営利目的ではなく、

単純にいままで、やってきたこと・・・経験が、

女性のお役に立てるんだったらってことで、

ある意味、ライフワークとして、このサービスをやっています。


なので、平日の昼間とかは、お受けできません。

週に1人とか2人とか、平日の夜か週末に、お会いするスタンスでやっています。


HPもとくになく、、ひっそりと、このブログだけでやっているんで、

目立たない感じでやってます。




・・・あらら、思ったより、長くなっちゃいましたけど、、

なぜ、こんなことを無料でやっているのか。。

よく、ご質問をお受けするので、書いてみました。



よく、女性の方から、「やりたいだけでしょ?」とか言われます。

そう思われるのは、当たり前だと思います。

ただ、どんな方が来るかもわからず、

どんな方でも、お受けして一つ一つ悩みをお聞きして、

事前になんどもメッセージのやり取りをさせていただいてから、

お会いしていると、そんなご質問はいただかなくなります。



変った人ですね。。って、、

まさに、自分でも変わっていると思っておりますが、

少なからず、何かお会いした女性からお時間をいただく以上、

何かしらお役に立てると思えるから、やっていますので、

そんな感じです。。


まさに、変わっていると思います。笑

今後とも、御贔屓に。。


物狂おしけれ。。でした。w

















------------------------------------

★わたしのプロフィールは ⇒ こちら■■

★相談フォームはこちら★

★施術の流れは ⇒
こちらをクリック

------------------------------------
#massa55sapporo
#女性向け #性感 #女性専用 #マッサージ #札幌 #風俗

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

* Category : 施術日記
Comment : (-) * Trackback : (-) |