FC2ブログ
#札幌 #女性向け風俗 #女性専用 #性感マッサージ #無料
個別記事の管理2019-08-09 (Fri)

★北海道の女性向け風俗まとめ★

もう、10年くらい前のお話しになりますが、、

「もう、わたし死ぬんです・・・」っていう、、

そんな、お客様にお会いしたことがございます。


そのお客様は、某医大の看護科を出て、

そのまま、医大に局入りされた、看護師さんでございました。


実は、大学生のときから、ご利用いただいていて・・・

かなり、エッチな女の子だったんですけど。。


というのも、勉強ばかり頑張られていて、

あんまり、遊ぶ余裕もなかったみたいで、、

大学に入れたことで、とりあえず一区切り・・・

でも、、男性に対して、、なかなか積極的には行けなくて。



でも、、性的な好奇心はかなり高くて・・・



かわいい感じの女の子で、

胸が大きいことをコンプレックスに感じていた女の子だったんですけども、、

男性経験がないことが、、かなり、自分の中で気になったみたいで、、

そのあたりも踏まえて、、



いろいろ教えてください!!



って、うちの店(・・・その時、私が働いていたところ)に、

飛び込んできた方でした。

いろいろと、手ほどきをさせていただいたんですけども・・・

その後、、なんか、サークルに入ったら、、

いろんな男の子に言い寄られたけど、、

ぜんぜん、興味が湧かなくて・・・。。



そしたら、大学の実習中に、、見た目が好みの研修医さんに、

好意をもたれたみたいで、、



あれよあれよと、お付き合いすることに・・・。


その男性も、かなり遊んでる感じで、、


付き合っては見たものの、、他に遊んでいる感じがかなりして・・・


なんか、都合の良い女にされている気がして、、


なので、別れたみたいです。。



まわりの、看護科の友達からは、、

カッコイイ研修医なんだから、我慢して捕まえておかないと!って、

みんなに言われたみたいですけど、、

先輩の看護師さんたちからは、、ほぼ、全員から・・・



絶対に辞めておきなさい!


って、言われて・・・


その理由は、、やっかみとかではなくって、、


綺麗な・・・ぜったいモテたであろう先輩からも、、



医者とうまくやっていけるのは、1%もいない。。

そもそも、生活感も、育ってきた環境も、これから抱える苦悩も、、

どれも、理解できないはずだから・・・


って、親身に諭してくれたみたいで・・・



そんな、こんなで、別れたみたいです。



付き合ってるときは、、

うちの店には、来ていなかったんですけど、、


別れたとたん。。。



寂しかった。。。から、会いに来た!



って、感じでご利用いただいてました。。

特に、実習中は、かなりなストレスだったみたいで、、

終わった瞬間・・・

ほぼ、毎回、、実習の最終日に、、ストレス発散にご利用されてました。



そして、、無事に、、看護師さんになられて・・・

いや、正確には、助産師さんの資格も取られていたかと思いますが、、

無事に卒業されて・・・


で、、就職されて、半年くらいで。。



「Rさん!わたし、彼氏ができました!」って報告をいただきまして・・・


そして、、また、、、ドクター。。。



今度は、、系列の病院に勤務していて、、なんかの研修で大学に来ていた

医師の方で、、さわやかな感じで、、女性遊びをしていない感じの、、

ちょっと年の差がある、医師の方だったみたいで、、

どちらかというと、おちゃめな感じのキャラの愛され系の先生だったみたいっで、

この子が、、いいなぁ・・・って思っていたら、、

お食事に誘ってもらえたみたいで、、

そのまま、いい感じになったみたいです。。


そんな、幸せな報告をもらって、、

いい話だな~って思っていたんですけど、、

ちょうど1年くらいだったか・・・


冒頭にも書きましたが・・・

いきなり、私のところに・・・


「Rさん。もうわたしダメ。。」


「もう、わたし、死ぬんです。。」



って、連絡が来ました。



よく、、わたし死ぬ・・・っていう人は、、

死なない。。。って聞いたりしませんか??



お気を付けください。。

そういう、死ぬ死ぬサギの方も一部いますが、、



ホントに死ぬ方、たくさんいます。


実際に、何例か、見ましたし。。

そんな、簡単な話じゃないですし、

そのときの、つらい気持ちは、死ぬかどうかは別にして、、

本気でつらい、助けのサインのときが多いんです。。



この子、、

簡単に弱音を吐くタイプじゃない子なのに・・・



実はわたし、その時、東京に仕事先が変わっていて、、

札幌にいなかったんですけど、、

居ても立ってもいられなくて、翌日の施術をキャンセルして、

札幌に戻ってきました。


この子と、、付き合ってた医師と、

順調そうだったんですが、、ちょっぴり遠距離だったみたいで、、

女っけない・・・は、そう見えただけで、、かなり賢く、わからないように、

4人くらいの看護師と遊んでいたみたいで、、

みんな、若い看護学校あがりの子たちばかりで、、

中には、看護学生にも手を出していて、、

わからないように遊んでいたらしく、、

携帯も3台くらい使い分けで持っていたようで・・・


で・・・一番だったのは・・・

この子・・・



妊娠しちゃって。。・・・



本気で好きだったから、

彼に、産みたい・・・って言ったら・・・



お前、バカじゃないの?遊びに決まってんだろ。。


って、、。。


知り合いの、先生紹介するから、

すぐ、行ってこいって。。



あまりの、、衝撃から・・・

心的ストレスが大きく、、

仕事にも行けなくなり・・・


実家には、、いま付き合っている先生と、

結婚するかも!


くらいのことを言っていたので、、

それも、こんな結果に・・・

なんて言っていいかわからなくなって・・・

実家にも言えず・・・。。



そして、その彼いわく・・・


看護師とドクターは、住む世界が違うんだよ。

開業するには・・・、

いままでの投資を回収するには・・・

それ相応の相手と結婚するのが、当たり前なんだよ。



何を信じていいのか、

わからなくなったんですよね。。




わたし、、その子に会いに行って、、


丸三日、一緒にいました。


しばらく、何も食べていなかったってことで、、

なんか、ガリガリになってましたし、、

顔色も悪いし、、

いまにも、、「いつでも死ねる。。。」って感じでしたし。。



できちゃった子供の方は、、

もう処置済みだったみたいで。。


信じたものに裏切られたものは大きかったんだと。。


以前、学生時代に教えてもらった先輩の言葉を、


しっかり、噛みしめておけばよかったと・・・後悔されてました。


とりあえず、、私は、、連絡してくれたわけですから、

何もしてあげられないんですけど、、

そばに居てあげることくらいしか、できなかったんで・・・


で、、食欲ない・・・って言ってたんですけど、、

ヨーグルトとか、、プルーンとか、、

食べれそうなものを、なんとか食べさせて・・・


で、、すでに、仕事の方は、この子に近い同僚が、

状況を知っていたんで、上司に言って、

休職扱いになっているみたいだったんで、、


で、、どうすればいいかを悩んでいたんで、

思い切って、この同僚の方に相談してみたんです。

そしたら、はじめは私の存在自体を驚いていましたが、

この同僚いわく、まずは、いちばんの支えになってくれる人であろう、、

家族・・・特に、お母さんとお話しできるように・・・

それが一番じゃないかと・・・その同僚の方のご判断で。。

たしかに、いちばん身近な人が必要ですから。。


ということで、、わたしが出ていくわけには行かないので、・・・

状況を分かっている同僚さんに、、

お願いして、、お母さんと連絡を取ってもらいました。



この同僚さん・・・お話をお聞きすると、、、

学生時代に、、うちの店を使ってみる・・・って、

そのとき、親友には、言ってたみたいで、、

その時のことを思い出してくれて、、「ああ、あの時のか・・・」みたいに納得していただきました。



何より、まずは、この子が・・・

ココロが病んでいる状況だったので、

お母さんのフォローは、たしかに必要かと。。わたしも思いました。



あとは、完全に、この同僚の女の子にお任せして、、

この子を実家に引き取ってもらい・・・

わたしは、東京にもどりました。。








3カ月くらいして、、

この同僚から連絡をもらいました。。



その子・・・


実家で自殺して、亡くなられたって。。




わざわざ、東京にいる私に、連絡してくれました。





この同僚の女の子いわく、、

ものすごく、悔しくて、、、その先生に亡くなったことを伝えたら、

普通に、平然として、焼香に来たらしいです。




彼女曰く、まったく理解できない。。。って言ってました。。




わたしもまた、、何もできなかった当時のことを、

たまに思い出します。。




この子には、、妹さんがいて、、

高校を卒業して、デザイナーの学校に入学されて、

その後、無事にデザイナーになられたんですよね。。





先日、、たまたまその子がデザインしている作品を目にして、、

このことを思い出しまして・・・

ひさびさに、思いをはせてみました。





長く仕事をしていると、、

楽しい出会いばかりじゃなく、、

その方の、人生で一番つらいひと時に遭遇することがあります。、


それもまた・・・仕事です。













































------------------------------------

★わたしのプロフィールは ⇒ こちら■■

★相談フォームはこちら★

★私の過去??⇒
こちらをクリック


★施術の流れは ⇒
こちらをクリック

------------------------------------
#massa55sapporo
#女性向け #性感 #女性専用 #マッサージ #札幌 #風俗

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

* Category : 施術日記
Comment : (-) * Trackback : (-) |